Dreams come true and you make a future with emotion !!

 Linkproject.net

  Informal Home Page

  デンマーク、コペンハーゲンの街 2011

 非公式で私的なサイトです。過去のブログや自分の趣味である「下手な歴史小説」、思い出の写真や動画、オリジナルの歌やエッセイなどを整理、再編しました。

By Youkichi Haraguchi  ☘ 2021/12/01 ~ to be continue

Inner management

インナーマネジメントとは

 社員の心に直接アプローチする、心理学を使った経営マネジメント理論です。指示命令ではなく「共感」、思考ではなく「感情・感性・感覚」によってマネジメントします。
2021年11月再編集 2011年10月13日再編。 2009年04月11日初版

 インナーマネジメントに関連する記事

【Inner management 02】インナーマネジメント 本論
【Inner management-Colum 01】キャリア形成のために
【Inner management-Colum 02】キャリア形成のために その二
【Inner management-Colum 03】人を動かす
【Inner management-Colum 04】ある食品会社での講演シナリオ
【Inner management  実践論】職場環境を変えるために
【Inner management 基礎資料編】
【Inner management 鏡の法則】 野口嘉則著

Transactional Analysis

交流分析

 交流分析の目的は、自分に気づき、自分で自律し、違いを認めて他人と親密な関係を築くことです。2021年12月再編集 2008年06月14日、初版

 Index 交流分析講座

【Transactional Analysis 02】コミュニケーションのパターン
 交流パターン分析は、日常私たちが互いに他者と取り交わす言葉、態度、行動などを、P、A、Cの知識を駆使して、分析してみようとするものです。

【Transactional Analysis 03】ストローク
 ストロークとは、「あなたはかけがえのない大事な人なのです」という気持ちを、言葉、目つきや態度で伝えることです。

【Transactional Analysis 04】認知の歪みとゲーム
 人から聞いた言葉を、どのように受け取るか、どう判断するか、評価・解釈するかということを「認知」といいます。

【Transactional Analysis 05】禁止令
 子供は親からいろいろなメッセージを受け取りますが、子供にとっては恐ろしい言葉を親は意識せずに発している場合があります。

【Transactional Analysis 06】パーソナリティ
 精神分析を背景に持つ「交流分析」からのアプローチで、心療内科での治療の対象となるパーソナリティの分類です。

【Transactional Analysis 07】ストレスと不安
 職場でのストレス要因について

【Transactional Analysis 08】防衛機制 不安について考える
 人は「不安」(悩み)を何とか静めようとし、いろいろな心理的対応をします。

【Column 01】気づきの言葉
 自分の気づきのために以前から書き溜めていた文章

【Column 02】ふれあいの心理学
 15年ほど前に学んだ「杉田先生の交流分析講座メモ」より

【Column 03】人間の尊厳について
 杉田先生の交流分析講座メモより ~病・死と闘う人々との心理から~

【Column 04】成長、変化を妨げるもの
 杉田先生の講座ノートより ~あなたはどこを、どう変えますか?~

Time manegement

(時間の管理)時間をどう使うか

仕事 = 質 × 量 / 時間
 仕事は、まず量が求められます。一定の時間内に決められた量の仕事をこなすことが仕事の基本です。早い人、遅い人、これによって評価が決まります。同じ量の仕事をこなすことができる人がいれば、次にその仕事の質が問われます。丁寧さ、きれいさなどのことです。そしてそれらを「一定の時間内」にすることが求められます。それが仕事です。
 それが最低限の仕事で、これができるということが最低限のスキルになります。
2021年11月再編集 2011年01月15日、初版

Social Psychology

社会心理学

「人を動かす」心理学のテクニック

コミットメントと一貫性について、コミットメントの条件、部下を管理するポイント
2021年12月再編集 2008年06月14日、初版

My Bookshelf

ちょっと役に立つ記事

以前ブログなどに書いていた、ちょっと役に立つ?記事です。
思い出として残しておきたいものだけを再編しました。

Learn More

【Short Essay】
大魔神の法則

営業マンのための実践講座
30代の頃、住宅会社の営業をしていたころの思い出話。三流の営業マンでした。

【Note01 】
人生の分岐点

職業訓練の仕事を始めた頃、キャリアコンサルタントとして活動していた時の思い出深いエピソードを集めました。就職支援講座でよく話していました。

【Note02 】
孫子に学ぶ「人生の分岐点」

40代の頃、興味を持ちメモしていた「孫子」を読み直してみました。(この原稿を書いたのは2009年で57才の時です。それまで何度か再編しいろいろと感想を書き加えていました。)

【Note03 】
(老大木の教え)

人生を豊かにする法則

【Note04 】
(老大木の教え-2)

楽しい場を創る八つの法則

【Short Column】
雑記帳

残しておきたい記事を集めました

【Short Column】
哲学

哲学者、池田晶子著、「人間自身考えることに終わりなく」より抽出し要約して紹介

【Short Column】
今在る自分

心理学を学ぶとどうしても「心」スピリチュアルについて考えるようになります。
「心とは何か」2008/06/04~
「今在る自分」2009/10/25~

【Short Column】
インナーチャイルド

「大人の中に住んでいる子ども」
インナーチャイルド療法
 2008/03/08~

【Short Column】
感謝

スピリチュアル的考察

【Short Column】
心理学からのアプローチ

シンクロニシティ、セレンディピティ
トランスパーソナル心理学

【Short Column】
ちょっといい言葉

大好きな文章

【Short Column】
ちょっといい言葉

大好きな文章の続き

【Short Column】
フランクル心理学

ロゴセラピー

【Short Column】
思い出のブログより

面白い記事を再編しました

【Short Column】
社員研修の話

中堅社員としての任務と心得

【Short Column】
自分に気づく

心がけている言葉
2010頃のブログより

【Short Column】
魂について考える

過去のブログより

【Short Column】
密教と超能力について

過去のブログより

【Short Column】
サムシンググレート

~ 偉大なる何者か ~
過去のブログより

Isma Sutra

維摩経法話より

    40年ほど前に書かれた「維摩経法話」という本があります。
    昭和初期の有名な禅僧、山田無文師の著書です。
    今は亡き父の蔵書で、書棚の奥に眠っていました。
    その他、密教講座などの仏教に関する書物も多数ありますが、たまたま見つけ読んでみました。
    なかなか面白くいろいろなことを考えさせられました。2009年頃の話です。
    ふと思い立って読み直し、再度再編して整理しました。

Heart Sutra

般若心経

般若心経現代語訳、空の境地


Video Gallery

【Link Band Special】

Link Bandは㈲Link projectの社員相互の親睦のために、2013年5月結成。活動を始め~2015年で休止。10周年記念パーティの様子も載せています。

【海外の風景】

コペンハーゲン、アイスランド、パリ、モンサンミッセル、コルシカ島等、Original Photoを使ってスライドショウを作りました。

【京都の風景】

京都の寺院の美しい風景、ポスターではありません、生写真です。


Original Photo Gallery


Historical Novel

古代史の考察、歴史小説

今から2500年前の兵法書「孫子」について

【Novels  孫氏の兵法】

Sonsi(経営孫子)】 経営方針、経営戦略など、経営の観点で考察、

Sonsi(孫子現代語訳)】「孫子」十三編の現代語訳

「孫子」十三編は、今から役二千五百年前、紀元前五百年頃の春秋時代に中国の斉(今の山東省)に生まれた天才的兵法家孫武が著したものといわれている。
 私が38才の頃、住宅販売の営業という仕事に限界を感じていたときに、「男子戦わずして勝つべし(孫子)」という本に出会い、40才になり、何気なく本棚の奥から取り出して読み返して興味を持ちました。
 今から2500年以上も昔の書物に、自分が悩み苦しんできた「営業」という仕事に対する解決策がズバリと書いてある。「これはすごい!!」と、おもわず引き込まれ「孫子」と書いてある書籍をさがして買いあさり、何度も読みふけって・・・・。【1998年頃】
司馬遷の「史記」に記載されている徐福について

【Novels 徐福伝説】

 徐福は大規模な中国からの移民団の指導者であり、日本の 国の歴史の始まりともいえる弥生時代前期の日本に重要な関わりを持つ「実在の人」です。
 古代史ファンの一人として、以前から「日本」の成立はいつからか、倭国と日本の違い、邪馬台国は何処にあり、どんな国か等に興味があり、いろいろな本を読むうちに徐福に出会う。歴史の重要なポイントとして徐福を考察してみたいと思い、さらに文献をいろいろと調べて いるうちに自分なりの徐福像ができあがり、「徐福というフィルター」を通して歴史を文章にしてみたいと思いました。【2001/05/05作 2004/10/08再編  2021/08 再編】
邪馬台国の女王「ヒミコ」の時代に「張政」という人物が歴史に登場する

【Wakoku 倭国伝説】

原文 :「遣塞曹掾使張政等因齎詔書黄幢拝仮難升米為檄告喩之 卑弥呼以死」
現代語訳 : 「(太守は)塞曹掾使の張政らを派遣して、(正始六年に賜った)詔書と軍旗を難升米に与え、檄文(触れ文)を作って言い聞かせ両者に停戦させた。」「卑弥呼以死」=卑弥呼、それによって死す?
 紀元240年代「張政」という人物が歴史に登場する。邪馬台国連合と狗奴国との戦いの中で、彼が卑弥呼の死亡と何らかの関わりを持ち、卑弥呼の後継者、台与の擁立に重要な役割を果たす。歴史の一大転換期に、歴史に顔を出した「張政」という人物はいったい何者なのか。【2017年4月公開】
自作の歴史小説

【Novels 阿曇磯良伝説】

   神功皇后は三韓出兵に際して、志賀島の阿曇磯良を召された。そして龍神より干珠満珠を授かり、無事に三韓を平定して帰還された。志賀海神社にはその様子を描いた神功皇后出兵絵巻が残されている・・・。阿曇磯良とは、どういう人物なのか?
 2017年頃ブログに投稿した記事を再編。改めて文才のなさにため息をつきながらも自己満足の世界で楽しんでいます。長編小説になりました。
 謎の人物「阿曇磯良(アズミノイソラ)」を通して、当時の日本の姿を描いてみました。  神功皇后、歴史上有名な伝説上の人物である武内宿禰(タケノウチノスクネ)、第十四代の仲哀天皇等々が活躍します。

【Mythology 天孫降臨物語】

日本神話「天孫降臨」の考察 過去のブログをもとに新しく再編