Inner management 01(インナーマネジメント)

社員の心に直接アプローチする、心理学を使った経営マネジメント理論。
指示命令ではなく「共感」、思考ではなく「感情・感性・感覚」によってマネジメントする。

Index

Inner management 02 インナーマネジメント 本論  

マネジメントの心理学 →  仕事に対する誠意 →  成果主義の弊害 →  日本人の特質と日本型経営 →  ダメな上司 →  ホンネとタテマエを使い分けくり →  自我の肥大 →  自我の特性 →  内発的動機を意識する →  インナーマネジメントとは →  インナーマネジメントの具体例 →  変化を嫌う →  インナーマネジメントのテーマ →  自我の肥大をふせぐ →  仕事に集中する →  まとめとして
2007/01/27 初版

Inner management-Colum 01 キャリア形成のために   

品格を身につける →  知識のレベル差 →  後で気がつきます →  思いつきと偶然の出来事 →  場を高めていく →  人が育つ風土づくり →  自由闊達な企業風土を作る →  頭で考えず、感じる →  フロー理論
2009/04/11 初版

Inner management-Colum 02 キャリア形成のために その二

計画された偶然理論 →  仕事は楽しいかね →  インナーワーク →  知覚に集中する →  自我意識を消す →  変化を嫌う →  フィッシュ哲学 →  フィッシュ哲学の活用
2009/05/05 初版

Inner management-Colum 03 人を動かす         

はじめに →  人を動かす感動の法則 →  態度・雰囲気をつくる →  相手のペースに気をつける →  言葉づかいに気をつける →  やる気を出させる →  褒めるときには「拡大解釈」で! →  立場、ポジショニング →  感動の法則 「承認」 →  最後に

Inner management-Colum 04 ある食品会社での講演シナリオ

 ある食品製造会社での、講演で話した内容です。400人ぐらい会場で、職場のQCサークルの発表会があり、その審査発表があるまでの時間のつなぎとして頼まれました。2008/06/26

Column  インナーマネジメントに関連するいろいろな考え方

【実践論】職場環境を変えるために 社内の活性化に心理学を活用する。

【基礎資料編】インナーマネジメントの考え方の基本となるポイントを抽出、整理しました。

【鏡の法則】野口嘉則著 人生のどんな問題も解決する魔法のルールを紹介します。


【主に参考にした文献】
「フロー理論の展開」ミハイ・チクセントミハイ 今村浩明淺川希洋志編 世界思想社
「ブランド・ハップンスタンス・セオリー」クルンボルツ
「インナーワーク」ティモシー・ガルウェイ 後藤新弥訳 日刊スポーツ出版社
「仕事は楽しいかね」ディル・ドーテン 野津智子訳 きこ書房
「キャリアコンサルタント」中央職業能力開発協会
「マネジメント革命」天外伺朗 講談社
「積極的思考の心理学」V.パイファー 杉田峰康訳

【企業理念】 夢を現実に、感動を未来へ
 感動と感謝は、何気ない出来事の中に存在しています。そして、それは心の中に美しい結晶としていつまでも残ります。ここに企業の存在意義、「仕事に対する誠意」の意味があります。
 この結晶を創りつづけて行くことが、企業経営の目的になれば、すばらしいと思いませんか。
 会社がいかに組織化されシステム化されていても、その組織やシステムを担い、回転させていくのは人間です。仕事に対する誠意です。
 キーワードは「感動と感謝」です。
 企業で働く一人ひとりの感情、気持ちといったものに直接働きかける、シンプルで効果的なマネジメントが「インナーマネジメント」です。

 企業では「成長は当たり前」のように言われています。成長しなくても企業の存在価値はあるのではとも思いますが、なぜか成長しなければならないと考えられています。
 社会も発展・成長が当たり前と考えられていますが、「なぜ」でしょう。成熟した社会では、これ以上成長することは難しく、あとは内面的な満足を求めるのが普通だと思うのですが・・・。
 人間はどこまで成長しようと考えているのでしょうか。どこまで便利を求め続けるのでしょうか。人間自身の「意識」はいったいどれだけ成長したのでしょうか。宇宙とか自然とかのレベルで、自分の存在意義を考える人がどの程度いるのでしょうか。

 企業の存在意義とはいったいなんなのでしょうか。
 そんなことを考えてしまいます。

2021年11月~2022年05月再編集
2021年10月18日とりあえずUP 2021年08月22日より制作start
2011年10月13日、再編。 2009年04月11日、初版